タグ:Google

    article_image

    グーグル、「ネタバレ回避システム」の特許を取得

    グーグルによる「ネタバレ回避システム」の特許が、4月7日(米国時間)、米国特許商標局(USPTO)によって認められた。ドラマの録画を観る前でも、安心してソーシャルネットワークを閲覧できるようになるかもしれない。

    【グーグル、「ネタバレ回避システム」の特許を取得】の続きを読む

    article_image

    駆け出しの土地だし、同級生が教員でいた、などの縁でちょっとだけ関心のある静岡高校が出場した。
    甲子園の第一試合を見終えた後、なにげなくチャンネルを変えたら、参議院予算員会質疑の中継で、珍しくIT論議が行われていた。

    【政府はGoogle依存? 米政府に機密情報が筒抜けの恐れ【社説】】の続きを読む

    article_image
    1: 北村ゆきひろ ★ 2015/02/28(土) 23:16:20.79 ID:???.net
    グーグルは2月26日、日本経済へのインターネットの貢献度を定性的/定量的に評価したレポートを発表した。 
    その中で、スマートフォン普及に伴って生まれた「アプリ経済(App Economy)」の市場規模は、 
    「2013年度で約8200億円」と試算している。 
    【日本の「アプリ経済」市場規模は約8200億円、Google発表】の続きを読む

    article_image
    1: 夜更かしフクロウ ★ 2014/12/09(火) 23:48:37.11 ID:???.net
    http://japan.cnet.com/news/service/35057619/ 

     Googleは米国時間12月8日、Androidの統合開発環境(IDE)「Android Studio 1.0」を発表した。 
    Windows、Mac OS X、Linuxに対応、無料でダウンロードできる。 
    Android StudioはAndroidアプリ開発向けの公式IDE。 
    チェコJetBrainsのJava開発環境「IntelliJ IDEA」をベースに、 
    Gradleベースのビルドシステム、リッチなエディタ、apkファイル生成、共通のアプリ機能を迅速に構築できるコードテンプレートなどの機能を持つ。 

     2013年のGoogle I/Oで発表したもので、2年がかりでの初の正式版登場となった。 
    【Google、Android公式IDE「Android Studio 1.0」を公開】の続きを読む

    article_image
    ゲーム課金で利用者に20億円返還 グーグルが米当局と合意 

    スマートフォンなど携帯端末の子ども向けゲームが親の知らないうちに課金できる仕組みになっていた問題で、 米連邦取引委員会(FTC)は4日、米IT大手グーグルが少なくとも1900万ドル(約20億円)を利用者に返還すると 発表した。消費者保護を担当するFTCがグーグルと合意した。 
     
    【米グーグル、子ども向けゲームの課金で20億円返金】の続きを読む

    このページのトップヘ