article_image

IPA(情報処理推進機構)は、アドビシステムズ社の Adobe Flash Player にウェブを閲覧することで DoS 攻撃や任意のコード(命令)を実行される可能性がある脆弱性(APSA15-04)が存在することを明らかにした。
 

【IPA、Adpbe Flash Playerに脆弱性が存在することを発表 DOS攻撃などの対象に】の続きを読む