article_image
BLOGOSさんのウェブサイトでサイバー攻撃を可視化するウェブサイトが紹介されていました。
以下BLOGOSさんから一部引用。


 インターネット上では日々数百数千のサーバー攻撃が行われているのですが、とりわけ簡単にできて、かつ効果が深刻なものに「DDoS攻撃」(ディードス攻撃)というものがあります。これは、Distributed Denial Of Serviceの略称で、たくさんのアクセスを対象サーバに集中させて、そのサーバが提供しているサービスを利用不能にしてしまう攻撃方法です。
その手軽さゆえ、組織間や国家間でのいざこざがあると、DDoS攻撃は途端に数を増やします。この特性を利用すると、この攻撃だけをウォッチすることで、あの日あの時あの場所で起きた世界レベルのサイバー攻撃を把握することが可能です。
 
それをGoogleは「Digital Attack Map」というサービスで実現しました。

詳細は続きから。
de
『Digital Attack Map』(デジタルアタックマップ) 
 de


このサービスとニュースサイトのDDoS攻撃情報を組み合わせると、その攻撃が実際にどのようなものであるかをイメージで知ることができます。

たとえば、日本でよく知られるDDoS攻撃に、中国や韓国からの歴史イベントに絡めた抗日攻撃があるのですが、中でも9月18日の柳条湖事件は中国からの攻撃が活発化するタイミングとして有名です。

これを先のデジタルアタックマップで眺めてみると、2013-09-17の段面では、中国から日本への攻撃のみが顕著に突出しており、当日世界中で起きたDDoS攻撃の大半がここで占められているのではないかと感じさせます。

引用元-http://blogos.com/article/87745/