article_image
Alphabet傘下のGoogle内部でChromeOSをAndroidOSに統合する計画があることをWall Street Journalは明らかにしました。
現在、最新のAndroidタブレットの名称は『Pixel』ですが、対するChromeBookは『Pixel』と 同じ名前を使っていることが知られています。
WSJによると、2017年までにChromeOSがAndroidに組み込まれる計画があるそうです。

ChromeOSは低スペックでも快適に動作するのが特徴のOSですが、GoogleはこれをAndroidに組み込もうというのです。もしかすると、今後のAndroidスマートフォンやタブレットで、Chromeの拡張機能が動くかも。

さらに2つのOSを同時に開発・メンテナンスをするのは効率が悪いという話もあります。

ChromeOSとAndroidが統合された初期バージョンは、来年公開されるとのこと。