article_image

Appleは、『21.5インチ iMac Retina 4Kディスプレイモデル』をAppleStoreやオンラインストアでの販売を開始した。 従来の21.5インチ(1920x1080px)モデル2種とRetinaの3モデルの提供だ。


従来の21.5インチモデルのiMacの価格は以下のとおり。 1.6Ghzのプロセッサ、1TバイトHDDが12万6800円。2.8Ghzのプロセッサ、1TバイトHDDが14万8800円だ。対して、4Kディスプレイモデルは、3.1Ghzのプロセッサ、1TバイトHDDが17万2800円だ。
 

また、今回から搭載されるFusionDriveは、フラッシュストレージ容量が大幅に削減されている。購入する方は注意されたい。

6467d308e29252874c113bc878b20f38 1

 

また、iMacに必要不可欠なマウスやキーボードといった周辺機器もリニューアルされた。
 

Mac accessories pdp 201510

 

Magic Keyboardは、新たに『Magic』シリーズに加わったAppleのワイヤレス・キーボード。以前のApple wireless keyboardから、底面積が13%減少し、キーボード面がより水平になった。
 

Magic TrackPad 2は、従来のものより29%面積が拡大しており、感圧タッチに対応した。
 

Magic Mouse 2は、従来のものより、より軽く、より頑丈になったとしている。こちらも底面のデザインが最適化され、マウスを動かす際の抵抗が少なくなり、よりデスクをなめらかに滑る。
 

なお、これらの『Magic』製品はすべてリチウムイオンバッテリーを搭載しており、『Lightningケーブル』で充電できる。2時間の充電で約1ヶ月の使用が可能だ。
 

また、Appleは11月にiPadProやAppleTVの発売も予定している。

http://www.apple.com/jp/imac/