article_image
Googleは24日、同社の提供する「Google Now」の性能を向上させたと明らかにした。

従来のGoogle Nowは、Deep Neural Networks(DNNs)と呼ばれる音声入力技術を利用して音声認識とその情報の処理を行っていたが、新たにRecurrent Neural Networks(RNNs)と呼ばれる技術を実装した。

GoogleによるとGoogle Nowの全体的な処理の高速化と精度向上を実現したほか、騒音環境下の音声認識能力も強化をしたとしている。

既存のバーチャルアシスタントとして、Appleの提供するSiri、Microsoftの提供するCortanaが存在するが、Googleの開発するバーチャルアシスタントは、やや無個性、無表情であると言われている。今後、その機会敵な口調と対応を魅力に機能性に磨きがかけられていくと思われる。

また、今回の変更はAndroid、iOSのGoogle Nowに適用されているとのこと。

source: 
http://ggsoku.com/2015/09/google-now-has-evolved/