article_image

Googleは最新モバイルプラットフォーム「Android 6.0 Marshmallow」にアプリの権限に関するユーザーの同意をアプリ実行時に求めるアプリの開発が可能になることを発表した。

現在、GooglePlayからアプリをインストールする時点でそのアプリが必要とする権限についてユーザーに同意を求めるが、「Android 6.0 Marshmallow」では、アプリ実行中に適切なタイミングで同意を求められるようになる。Googleは、イントールに先立って一連の許可を与えなくてもよくなるため、アプリ入手の敷居が低くなるとしている。この動作はiOSのアプリの動作とよく似たものとなっている。

 

さらにGoogleは開発者を支援するために、権限を求める適切なタイミングとユーザーから同意が得られなかった際の取り扱いについて解説資料をウェブサイトで提供している。 この機能は、Android6.0(API 23)以降を用いたアプリで使用可能になる。
 

Source:

http://japan.zdnet.com/article/35069546/