article_image

EclipseにWebブラウザ上で動作する統合開発環境の最新版”Orion 9.0"を6月24 日にリリースした。


Orion 9.0は、新たにコード解析サーバー”Tern”を搭載しており、コード作成時に開発者が必要とする情報を直ちに提供する機能を有している。また、Ternはrequire()とリンクするノードライブラリ、define()とリンクするANDモジュール、HTMLによる組み込みスクリプトで構成されている。さらにECMAScriptやNode.js、Redis、MySQLなどに準拠した、型情報のインデックスも備えている。
 

また、Ternは関数や変数から宣言へのジャンプが可能で、画面の分割による複数ファイルの同時表示にも標準で対応しており、強力なリネーム機能を搭載している。このほか、200近いバグの修正を行った。

情報源: 
Orion(英語) 
codezine.jp(全文はこちら)