article_image
Appleinsiderによると、アップルが提出した特許書類No. 9,049,508は、 
イヤフォンの新しい使い方のアイディアに溢れているようです。どういった特許かというと、 
イヤホンが複数のユーザーが使っていることを検出し、ステレオからモノラルへ自動的に切替えたり、 
好みの異なる音楽やポッドキャストやラジオ局を2人が別々に聞いたりできるというもの。 

イヤホンを他人と共有していることをどうやって感知するかというと、例えばケーブルのY分岐点にかかる張力センサーや、 
光検知器、静電容量センサーなどを使って、装着状態や角度を感知するようです。
1f99dfa91b7b5fa503ee74ffa8f0a244a98d0fd41433423414


引用元: ・【IT】Apple、イヤホンを2人で共有できる特許を取得

2: 名刺は切らしておりまして 2015/06/04(木) 18:47:47.72 t
通常の使用で誤作動して鬱陶しそう

5: 名刺は切らしておりまして 2015/06/04(木) 18:54:06.86 t
カスラック的にはどうなの?これ
著作権侵害になりそうじゃね?

7: 名刺は切らしておりまして 2015/06/04(木) 18:57:35.68 t
余計なお世話

12: 名刺は切らしておりまして 2015/06/04(木) 19:03:48.95 t
まさかイヤホンの右と左を2人で1個づつ耳に入れるのか?
他人の耳に突っ込むなんて考えられないんだけど

22: 名刺は切らしておりまして 2015/06/04(木) 20:06:43.91 t
他人がイヤホン・ヘッドホンで聴いてる曲を傍受できる技術を開発して欲しい。

24: 名刺は切らしておりまして 2015/06/04(木) 20:15:59.05 t
プルトゥス2セットでいいんじゃないの

25: 名刺は切らしておりまして 2015/06/04(木) 20:26:08.78 t
一方ジャップは4又イヤホンを開発した