article_image

死者も蘇らせるGoogleの「ロボットのクラウド性格カスタマイズ」特許

グーグルは、ロボットの性格をユーザーが自由に組み替えられ、クラウドにアップできる特許を取得した。
生前の親族や著名人など、実際の人間の個性をロボットに載せることも考えられている。

従順でお世辞のうまいロボットと、おしゃべりで少しばかり図々しいロボット。あなたは、どちらが好みだろうか。
グーグルが3月31日付けで取得した米国特許によると、どちらの性格でも好みに合わせて購入できそうだ。

それだけではない。ロボットのさまざまな性格を、クラウドからダウンロードできるようになるかもしれない。
あるいは自分で決めずとも、自動的にふさわしい性格のロボットが提供される可能性もある。
あなたの人となりを学習し、その情報に基づいて、あなたに合わせた性格を構成するのだ。
さらには、音声と顔の認識機能を使い、人間に合わせたやり取りができるようになる可能性だってある。


全文/ソース:死者も蘇らせるGoogleの「ロボットのクラウド性格カスタマイズ」特許 « WIRED.jp