article_image

「Visual Studio 2015」のリリースは2015年夏まで待つ必要があるが、Microsoftは同製品の ラインアップ(SKU)と、予定価格を発表した。
Microsoftは米国時間3月31日、「Visual Studio」をアップデートし、SKUの一部を統合すると発表した。


Vs2015skulineup

現在提供されているVisual Studioは4つのSKUで構成されているが、2015年に登場予定のVisual Studio 2015は3つの主要SKUで構成されることになる。
Microsoftは、「Visual Studio Premium with MSDN」と「Visual Studio Ultimate with MSDN」を統合し、「Visual Studio Enterprise with MSDN」という名称のSKUとして提供する。

また同社はこの新たなEnterprise版の他に、「Visual Studio Professional with MSDN」と、無償の「Visual Studio Community」という名称のSKUも提供する(MSDNはMicrosoft Developer Networkを表す)。

またMicrosoftは「Visual Studio Professional」と「Team Foundation Server」 「Team Foundation Server Express」「Visual Studio Express」「MSDN Platforms」を 「Visual Studio2015およびMSDNの完全なポートフォリオ」の一環として提供し続ける予定だ。

Microsoftによると、同社はこのところ、より小規模なオープンソース開発者に注目していたが、この新たなEnterprise版を導入することでエンタープライズ分野に目を向けようとしているという。

Visual Studio Premium with MSDNやVisual Studio Ultimate with MSDNのサブスクリプションを現在有している開発者は自動的に新しいVisual Studio Enterprise with MSDNにアップグレードされる。

Visual Studio 2013 Ultimate with MSDNの現在の価格は、新規サブスクリプションの場合には1万3300ドル、更新の場合には4250ドルとなっている(1ユーザー当たりの年間価格)。
また、Visual Studio Premium with MSDNの現在の価格は、新規サブスクリプションの場合には6120ドル、更新の場合には2570ドル(同)。

これに対して、統合された新たなVisual Studio Enterprise with MSDNの価格は新規サブスクリプションの場合には6000ドル、更新の場合には2570ドルだ(こちらも1ユーザー当たりの年間価格)。

一方、Visual Studio 2015 Professional with MSDNの価格については、Visual Studio 2013 Professional with MSDNの現行価格のままで据え置かれ、新規サブスクリプションで1ユーザーにつき年間1200ドル、更新で800ドルとなっている。


ソース: japan.cnet.com

Coment 

  • またでるの?

  • 2012>2013>2015
    ってやりかたがアドビチックになってきたな

  • えっ、タダじゃないの?

  • windows10が事実上タダ同然になったらMSDNの価値も無くなるんだよな。

  • Communityは無料だよ

  • Visual系って、誰にでもプログラムが組める事がコンセプトだったっけ?

  • ↑さすがに多少のプログラミングスキルが必要。 誰でもってことだと、ここから始めてもいいかと思う
    。 初心者ならね。

  • Pro. $800か。円安が恨めしい。

コメント情報源:2ch.sc