2014年03月

      Clip to Evernote
    article_image
    1: 本多工務店φ ★ 2014/03/31(月) 01:32:41.85 ID:???
    イオンが、通信サービスをセットにしたスマートフォン(高機能携帯電話)を低価格で発売することが30日、分かった。
    端末代金と基本料、定額のネット接続料を含め、携帯電話大手の半額以下の月額2980円(税抜き)で提供する。
    4月1日から予約を受け付け、4日から総合スーパー「イオン」の携帯電話売り場で販売する。

    端末は米グーグルと韓国LG電子が開発した「ネクサス4」で本体価格は3万4080円(24回払いの月1420円)。
    これに基本料とネット定額を1560円にした携帯電話用ICカード「SIMカード」を組み合わせる。

    携帯電話事業者から回線を借りて割安な料金でサービスを提供する仮想移動通信事業者(MVNO)を活用、ネット接続の通信速度を抑えることで低価格を実現した。
    メールやインターネットの閲覧の利用が中心の主婦や学生などを中心に売り込む。

    当面は8000台限定で販売し、売れ行きをみて今後の展開を検討する。

    ソース:MSN産経ニュース
    http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140330/biz14033022360004-n1.htm
    130530-a-1

    【イオン、月額2980円のスマホを発売:大手の半額以下】の続きを読む

      Clip to Evernote
    article_image

    サウス・カリフォルニアでマグニチュード5.3の地震が発生した。米地質研究所が発表した。


       震源の深さは1.9キロ。サウス・カリフォルニア・レスキュー庁は地震後、建物や鉄道の検査を開始した。同市のガーセッチ市長は、今のところ被害の報告は入っていないことを明らかにしている。


    以下 海外の反応

    -死亡例はなかったけど100回以上の余震はあったね。 
     BCitGU4

    【29日 カリフォルニアで地震が発生 海外の反応】の続きを読む

      Clip to Evernote
    article_image
    1: ケツすべりφ ★ 2014/03/29(土) 03:30:06.72 0
    [東京 28日 ロイター] -ファミリーマート<8028.T>は28日、韓国の持ち分法
    適用会社の所有株を全て売却すると発表した。これにより、韓国での店舗展開はゼロとなる。

    韓国では24時間営業などに対する規制が強化され、日本型コンビニの展開が難しい
    環境となったため、より成長が見込める地域に投資を振り向ける。

    同社は、1990年から現地企業と合弁で韓国事業を開始。14年2月末には
    7925店を展開していた。2月末の海外店舗は1万3075店で、韓国は60%を
    占めている。ただ、13年2月の持ち分法投資利益が7億円で、利益面での影響は小さい。

    今回、持ち分法適用会社が上場するのに伴い、25%の持ち分を売却する。売却は
    5月中旬を予定しており、売却額は未定。

    広報・IR担当者は「撤退ではない。海外事業再編の一環。韓国は有望な市場であり、
    再度、進出する可能性はある」としている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140328-00000100-reut-bus_all
    og_image
    【ファミリーマートが韓国から撤退】の続きを読む

      Clip to Evernote
    article_image
    日本のテレビゲームはかつて一世を風靡したが、近年では「コール オブ デューティ」や「グランド・セフト・オート」シリーズなど欧米発のゲームが世界でヒットを記録している。
    中国の騰訊数碼はこのほど、米国メディアの「the verge」の記事を引用し、日本のゲーム産業が衰退を続ける理由について論じた。

    続きは記事で。
    871469l

    【日本のゲーム産業、一世を風靡したのに、なぜ衰退を続けるのか=中国 ニコニコの反応】の続きを読む

      Clip to Evernote
    article_image
    1: ◆9NKSEXw3nU @関電φ ★ 2014/03/28(金) 05:46:10.93 0
    みなさん、こんばんは。マックピープル編集部の吉田でございます。噂まとめ(関連ページ)のほうでももうすぐ出る可能性が高いとしていたiPad版のOfficeがやはりリリースされました(外部サイト)。
    これまでのOffice互換アプリは数多くリリースされていましたが、テキスト部分の簡易編集ができる程度で、本格的なものはありませんでした。

    ただし、残念ながらこのiPad版Officeは先行公開されているiPhone版と同様に米国でのリリース(外部サイト)になっており、日本国内での提供は現時点では未定です。
    また、サブスクリプションサービスであるOffice 365のサービスの1つとして提供されます。iPadは国内では法人市場がホットなので、日本国内での提供についての言及がないのはちょっと肩すかしですね。


    ソース:週アスPLUS
    http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/210/210158/
    Microsoft_Office_2007_CD__PSD_by_eweiss

    【マイクロソフトがiPad版Officeをリリース ただし日本を除く】の続きを読む

    このページのトップヘ