article_image
1: 夜更かしフクロウ ★ 2014/12/27(土) 21:29:45.02 ID:???.net
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141227/k10014328771000.html 

 日本企業が海外の企業を対象に行った買収や出資の件数は、ことし1年間で550件余りに上って過去最多となり、 
円安の進行が逆風になっているにもかかわらず、日本企業が海外市場に活路を求める動きが広がっています。

 企業の買収などの仲介をしている専門会社「レコフ」によりますと、 
ことし1年間に日本企業が海外の企業を対象に行った買収や出資は去年より55件増えて554件に上り、 
これまでで最も多かったおととし(平成24年)の515件を上回りました。 

この記事を要約すると...
・日本のM&Aが過去最高件数
・為替のおかげで日本企業が好調
 

 地域別ではアジアの229件が最も多く、次いで北米の159件、ヨーロッパの118件などとなっており、
円安の進行が逆風になっているにもかかわらず、日本企業が市場の成長が見込めるアジアなどの海外市場に
活路を求める動きが広がっています。

 規模で見ますと、酒造大手の「サントリーホールディングス」によるアメリカの酒造メーカー「ビーム」の買収が
およそ1兆6700億円と最も大きく、次いで生命保険大手「第一生命」によるアメリカの中堅保険会社の買収が
およそ5800億円となっています。

 レコフの恩地祥光社長は
「円安ドル高の影響で買収コストは増えているが、それを差し引いても、
 成長著しいASEAN諸国など海外のマーケットに参入し、足場を固めようと日本企業が動いていることが見て取れる」と話しています。


画像:海外M&A 過去最多
no title

引用元: ・【グローバル】日本企業の海外M&A 過去最多 [2014/12/27]

2: 名刺は切らしておりまして 2014/12/27(土) 21:39:50.71 ID:fifwmK5n.net
以外と思える企業がグローバル企業、
日本式おもてなしは海外でも高収益。

3: 名刺は切らしておりまして 2014/12/27(土) 21:40:10.44 ID:abAOziQQ.net
量的緩和の狙いである
「インフレでお金の価値が減ると思えば、いまのうちにお金を使ってしまおうと考える」
が実現してるな

円の価値が減るのなら、海外投資しておけば相対的に資産の維持・増加が見込める
5月に完了したサントリーの160億ドル=1兆6700億も、今なら20%アップの1兆9200億円相当の投資ってワケだ

異次元緩和で資金の調達コストも激安だし、
国内投資を後回しにさせして、海外投資を加速させる日銀の目論見どおり、と

4: 名刺は切らしておりまして 2014/12/27(土) 21:48:22.37 ID:PGXKP9tS.net
海外で稼いだ分は円安とは関係ないからな。

7: 名刺は切らしておりまして 2014/12/27(土) 22:00:54.49 ID:fifwmK5n.net
>>4
円安が大貢献、
トヨタは為替設定で1円円安で200億の増益

17: 名刺は切らしておりまして 2014/12/28(日) 00:58:46.95 ID:8GzGcg6r.net
>>7
円安効果より下請けの値下げ協力のほうが大きいけどね

8: 名刺は切らしておりまして 2014/12/27(土) 22:08:11.07 ID:EqoFOzda.net
円安でも日本には帰ってこない。

人口減少・労働力減少でも、生産性を向上させれば経済成長する

と言っている間抜けな経済学者は現実を直視すべき。

企業というのは、需要を追い求めて、需要があるところへ進出し商売する。

当たり前だ。売上げが上がらなければ生きてゆけないから。

生産性なんか向上させても需要が無ければ在庫の山だ。

9: 名刺は切らしておりまして 2014/12/27(土) 22:29:34.75 ID:1p4R94M3.net
キャピタルフライトも兼ねてるからM&Aの案件やたら巨額なのも多い感じ

内需は縮むし日本円は毎年2割前後毀損してくし黙って国内に留まって居られない

10: 名刺は切らしておりまして 2014/12/27(土) 22:49:58.63 ID:NL9dWJznY
ピーク過ぎているとは思うけどね
これからの世界だと

12: 名刺は切らしておりまして 2014/12/27(土) 23:33:04.93 ID:ONJZQELK.net
これは当然の帰結。
もう海外投資する日本企業は日本国内の地盤は固めてあって、海外へ出て行くしか市場を拡大し成長する手段が限られてる。
(本当は やりようによって日本市場は美味しく開拓できるのだが)

また海外進出では、かつては一から子会社や工場を作ってたが、既にある海外企業のシェアを食っていく方法でないと
摩擦と過当競争だけ起こし疲弊するだけで、更に 日本企業も海外企業のM&Aに過去の失敗が肥しとなり慣れてきた。

13: 名刺は切らしておりまして 2014/12/27(土) 23:53:54.71 ID:HKQkBaNh.net
そもそも日本企業の株主の3割は外国人

14: 名刺は切らしておりまして 2014/12/27(土) 23:59:15.11 ID:sRYxmXC3.net
数年前の円高の時にやるべきだったのに
これからもっと円安になると予想してるのかな

15: 名刺は切らしておりまして 2014/12/28(日) 00:03:11.53 ID:HKQkBaNh.net
>>14
円安になれば国内売上より海外売上の方が大事になる

富裕層が円預金をドル預金に代えているのと同じ

ある意味キャピタルフライトとも言える

19: 名刺は切らしておりまして 2014/12/28(日) 01:20:38.00 ID:TfZjabtJ.net
あと 日本企業が
テレビなど家電や せいぜい自動車などエンドユーザー向け消耗品を造って輸出してただけの時代なら、単にモノ製品の競争力だけ考えれば良かったが
インフラ輸出、グローバル金融、サービス業の世界展開をするには
無数の世界中のライバル相手に良いモノを安く造ることを競うより、安定優位な世界シェアを取り 占めていくことも重要になる。

重電企業なんて最たる業界で
GEが シーメンスと競って仏アルストムの部門買収したり、東芝が ウエスティングハウス他 原発企業を買収したり
日立と三菱重工が火力発電部門を経営統合したり
日立がABBと送電部門で提携したり

製品開発に研究開発コストを掛ける だけでなく、
世界シェアを取りに行く=利益が出る
時代になってきたから、海外M&Aは止まらないんだろう。

20: 名刺は切らしておりまして 2014/12/28(日) 01:52:49.46 ID:pQvPOmP3.net
実際は日本企業がアメリカ企業を買収する方が多い。
日本政府はアホだが、民間企業はアホではない。