article_image
 「Google Glass」は一部の人々に悪い印象を持たれている。「Glass Explorer」は誇らしげにGlassを装着しているが、同デバイスの側面はいかにも電子機器という雰囲気が漂っている。Glassのサイボーグ風のデザインは、もっと控えめな外観のウェアラブルデバイスを好む人にはあまり受け入れられていない。GoogleがGlassの外観をもっと控えめにする方法を模索しているとしても、不思議ではない。

glass1
 
Cnet.comより
 米国時間8月12日にGoogleと発明者のMitchell Heinrich氏およびEliot Kim氏に認められた特許(米国特許番号D710,928 S)に目を通せば、Glassの新しいデザインコンセプトの可能性を垣間見ることができるかもしれない。それは現行モデルより明らかに洗練されており、ディスプレイテクノロジを外側に出して誇示するのではなく、フレームの内側に隠しているようだ。


glasspatent1
 
続きはJapan.cnet.com さんから。 
「Google Glass」、より控えめなデザインに?--特許書類が示唆